浴室をリフォームして快適なバスタイムを過ごそう

リフォームの種類

高齢者にとっての浴室リフォーム

高齢化社会がすすみ住宅の暮らしに安全が求められるようになっている現状です。住宅で高齢者にとって危険な部分というのは、浴室やトイレになるのです。 ここでは浴室リフォームによって、どう浴室が安全になるのかを紹介していきます。まず高齢者にとって健康を害する一番の浴室での問題は、寒暖差によるショックです。血圧が大きく変動する事で体に負担をかけるのです。こういった状態をなくすために浴室リフォームをする人が一番多いのです。 また最近のユニットバスは洗い場が広く、滑りにくい床材を使用しているのです。床もクッションがきいてやわらかい製品もあるのです。そして床や壁は断熱性能が高いため冬に体の一部がさわったとしても冷たく感じることはないです。

安全性の高い現在の浴室

安全性が高い現在の浴室ですが、更に安全を考えて手すりを好きな場所にとりつける事が可能です。手すりもしっかりとしており、全体重をかけたとしても全く問題ないです。手すりをとりつけたいために浴室リフォームをする人も多いです。 床の材質はカビやぬめりが発生しにくい製品が増え、高齢者のような人でも足をとられる事は少ないです。浴室には暖房装置を備えることも可能で、暖房であらかじめ浴室を暖めておく事で、体に負担をかけずにお風呂を楽しめるのです。浴室のドアは引き戸タイプのものに変更する事ができるので、車椅子で洗い場に入室する事も可能です。また引き戸タイプのドアは、いざという時にでも開けやすいドアなので、高齢者におすすめのドアで浴室リフォームで多く取り入れられているのです。

PICK UP

歴史について

日本では現在家庭に当たり前のように浴槽や浴室がありますが、それは最近のの話しなのです。以前は風呂などが住宅にないこともあり、その場合と比較して現在はとても快適になっていますが、浴室リフォームする人も多いのです。

気をつける

換気扇は住宅になくては、空気が悪くなってしまうとても役立つものです。そんな換気扇は常に使うのではなく、定期的に掃除をすることによって、本来の効果を発揮するようになるので、覚えておきましょう。

綺麗にする

浴室をコーティングすることによって、水垢などつかなくなり、掃除がとても楽になるのです。コーティングの方法は種類によって違うこともありますが、専門業者に依頼したり、道具を揃えて自分でやってみたりしましょう。

サービスについて

フローリングは長年利用しているとどんどん劣化して汚れなどもハッキリ見えるようになります。そこで、どのような業者に補修してもらうと良いのかその方法などを詳しく紹介するので、チェックしましょう。

手軽にできる

住宅のリフォームというと様々方法がありますが、冬などの寒い時期には床が暖かくなるように、床暖房にすることもリフォームの一種なのです。そんな床暖房にするときに注意点を紹介するので、覚えておきましょう。

Recommended links

E-LIFE 合同会社

岐阜のリフォーム施工業者を利用して快適な住宅を手に入れよう!疑問はメールや電話から気軽に相談できますよ。