浴室をリフォームして快適なバスタイムを過ごそう

歴史について

その歴史についてご紹介します。

本来江戸時代などでは、日本の一般家庭にお風呂というものはありませんでした。一般家庭にお風呂が普及し始めたのは、戦後になってから昭和40年代のことです。その頃はシャワーも付いていないただ単に浴槽だけのお風呂が主流でした。 これをシャワー付きのものに変えたり自動でお風呂が沸くものに変えたりする浴室リフォームが始まったのが平成に入ってからです。 その後、さらに浴槽が大きくなったりバリアフリー求めるようになり再び平成10年頃から、浴室リフォームが多く行われるようになりました。 このようによくして浴室リフォームの歴史は、平成に入ってからすると、平成10年頃に大きな波があったのです。 そしてさらにここ1、 2年で床がふかふかしてる素材や水はけの良い素材を使った新しい浴室ができるなり再び3度目の浴室リフォームの波が来ていると言う歴史があります。

浴室リフォームの今後の動向についてご紹介します。

浴室リフォームは、現在その工事に2日から3日間かかるのが普通ですがこれからはわずか1日できる短期間の浴室リフォームが多くなっていく動向があります。 また高齢化社会がますますことから、転倒防止や脳卒中など|するための設備を備えた浴室リフォームが主流になってことが予想されます。 また現在では、色がもたらす健康の効果が非常に注目されており、ライトによって浴室の色が変化するものなどもとても流行っており今後注目される、浴室リフォームの1つであると言えるでしょう。 また今後は節水もうキーワードとなってきており、少ないおいてもシャワーや浴室が使える浴室リフォームが多くなっていく動向もあると考えられます。 これからは浴室リフォームは個別の家庭に合わせた個性的なものができていくと予想されます。