浴室をリフォームして快適なバスタイムを過ごそう

手軽にできる

マイホームを床暖房にリフォーム

オール電化住宅の多い中、マイホームを床暖房にリフォームする家庭は数多くあります。床暖房は冬でもエアコンなしで快適に過ごすことができ、足元からじんわりとした暖かさに包まれるところが人気です。リフォームの際にはどの辺りにまで床暖房を入れてもらうのか、範囲の設定をすることもできるため、そこに置くことになる家具の位置に合わせて決めると失敗がありません。 床暖房のリフォームでは注意すべきこともあります。それはその上に設置する、家具や家電についてのことです。 家具や家電の素材や質によっては、床暖房の熱に耐えられないこともあるため、耐熱であるかどうかをリフォーム前にしっかりと確認しておく方が良いです。ピアノなどの楽器も床暖房には不向きとなります。

リフォーム工事における床暖房導入

住宅のリフォーム工事においては、畳をフローリングに変更したり、クッションフロアーの部分をフローリングに貼り替え工事を行うことは一般的であり、リフォームにおけるスタンダードになっています。 リフォーム工事の計画段階で、床材の変更に伴って床暖房を導入することはコストパフォーマンスの面でメリットが多く、床暖房とフローリングが一体になった製品や、フローリングを貼る作業の前にフィルムタイプの床暖房ユニットを仕込むことで、容易に施工ができるという利点があります。 リフォーム工事においては、費用を抑える方向に考える人が多いですが、一般的なエアコン空調で暖房するよりも床暖房による暖房形式の方が、エネルギーロスも少なく効率的に部屋を温めることができるので、光熱費の削減にも繋がります。